胸が小さいことは恋愛に不利なのか?

恋愛する二人


バストの大きさに悩んでいる女性の中には、
「バストが小さいから恋愛には不利…」と思い込んでいる人も多いようです。

結論から言いますと、「不利かもしれないし、
全く影響がないかもしれない」というのが実情です。

「男性はバストの大きな女性が好き」というイメージが強いですが、
実際のところはどうなのでしょう?



バストの大きな女性が好きな男性ももちろんいますが、
小さなバストの方が好きな男性もいます。

全体的にバランスのとれたバストであればよし、という男性もいます。
中には、バストの大きさよりも、女性の身体の別の部位に注目するという男性もいます。

ですから、一概に「バストの大きさが恋愛を左右する」とは言えないのです。
ただ、意中の男性がバストの大きな女性を好むというのであれば、話は別です。



恋愛において最も大切な要素は第一印象です。

大きなバストの好きな男性に対して、バストが小さいということは、
その第一印象のアピールができない、ということになります。

女性でも同じことが言えると思いますが、
自分の好みに合致する異性のことは、第一印象からはっきりと覚えているものです。

出会いの場は、大抵の場合、自分と相手以外にもたくさんの人がいます。

職場の飲み会だったり、合コンだったり、様々な場面で、
自分よりもバストの大きな女性がその場にいることがあるでしょう。

そうすれば、大きなバストの女性が好みの男性の視線や注目は、
当然のようにバストの大きな女性に集まります。



「もし私のバストが小さくなければ…!」という思いを
したことがある人も少なくないかもしれませんね。

しかし、最初に言ったように、
恋愛においてバストの大きさが全く影響しない可能性もあります。

いくら意中の男性がバストの大きな女性が好みだったとしても、
実際にお付き合いをする上で大切なのは、性格や趣味、食事などの相性だったりするものです。

第一印象や距離を縮めるきっかけとしては強みになるかもしれませんが、
恋愛はバストの大きさだけで決まるわけではありません。

バストの大きさを言い訳にせず、気になる異性には積極的にアタックしてみましょう。