胸が小さいのは家族の遺伝と関係するの?

小さな女の子


胸の大きさを気にしている女性は少なくありません。
成長過程にある10代の女の子たちも、胸の大きさに一喜一憂したりします。

中には、お姉さんやお母さんがあまり胸が大きくならないから、
自分も胸が大きくならないんじゃないか、と考え、気分が落ち込む人もいるようです。

さてそれでは、胸が小さい・大きい、というのは遺伝なのでしょうか?

胸が大きい人は、その人の家族の女性たちも
みんな胸が大きいような気がしてしまいます。

しかし実際のところはそんなことはありません。

家族の中でも、お母さんは胸が大きい方だけれど、娘さんは二人とも胸は大きい方ではない、
とか、逆に姉妹の中で一人だけ胸が大きい人がいる、という場合もあります。

これらのことからもわかるように、胸が小さいのは遺伝ではないのです。



思春期に入って胸がふくらむのは、女性ホルモンが分泌されるからです。

女性ホルモンの中でも代表的なのはエストロゲン(卵胞ホルモン)と
プロゲステロン(黄体ホルモン)です。

どちらも、月経の周期などについて学習したり、
調べたりした時に聞いたことがあると思います。

これらはもちろん胸の発育にも関係するホルモンです。
まず、エストロゲンの働きによって、乳腺や乳管が発達します。

その後、プロゲステロンの働きによって、
母乳を蓄えておくための器官が発達し、胸が大きくなっていくのです。



女性の胸の9割は、母乳を作ったり蓄えたりするために必要な組織を
守るためにつく脂肪でできています。

残りの1割が、先ほどお話した乳腺や乳管などの組織なのです。

ですから、もしも胸の大きさを左右する遺伝的要素があるとすれば、
それは胸の基底部である胸骨や胸筋の発達に関して、ではないでしょうか。

ただし、胸の大きさに占める胸骨や胸筋の割合は微々たるものです。

食生活や生活習慣による、成長ホルモンの分泌量や充分な栄養、
そして姿勢などの後天的な要因がほとんどだと考えられています。

家族の胸が小さいから、と諦めず、バストアップに励みましょう。