女性ホルモンが少ないから胸が小さいの?

女性ホルモンがないと嘆いている女性


バストの大きさに悩んでいる女性は、
ご自分でも色々とお調べになっていることと思います。

バストアップサプリやクリームなどを
調べたことがある方も多いのではないでしょうか。

それら商品の紹介文を読んでみると、女性ホルモンに似た成分であるイソフラボンや、
ミロエステロールなどの成分を多く含んでいると書かれていますね。

そういった商品説明などを読んでいて、「もしかして私の胸が小さいのは、
女性ホルモンが少ないからなのかしら…」と悩んでいる方はいないでしょうか?

それでは、バストの大きさと女性ホルモンの関係についてお話しましょう。



女性ホルモンには美容と健康に作用するエストロゲンと、
妊娠・出産に大きく関連があるプロゲステロンがあります。

保健体育の授業で、卵胞ホルモンや黄体ホルモンと言った
単語を習った記憶はないでしょうか?

その卵胞ホルモンがエストロゲン、
黄体ホルモンの代表格がプロゲステロンです。

この二つのうち、特にエストロゲンは女性らしい体つきへの影響が大きいため、
女性ホルモンと言うとこのエストロゲンを指していることが多いです。

さて、このエストロゲンが少ないとどうなるのでしょうか?



エストロゲンには、排卵を誘発する作用があります。

ですから、エストロゲンの分泌量が少ないと排卵が起こらず、
無排卵月経によって妊娠することができない、ということになります。

また、エストロゲンは肌や髪の毛の健康にも影響しますから、
閉経してエストロゲンの分泌量が減ってしまうと、肌や髪のツヤが失われがちになるのです。

しかし、エストロゲンばかりが多く分泌されると、子宮筋腫や乳腺症、
子宮内膜症や乳がんなど、婦人科系の病気が悪化しやすくなると言われています。

女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンのバランスがとれて初めて、
身体に良い効果をもたらすのです。



それでは、胸の大きさと女性ホルモンの分泌量が無関係かと言うと、そうとも言えません。

生理不順を起こすほど女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が少なければ、
乳腺の発達にも影響が出ているはずです。

ただし、日本人のバストは乳腺脂肪体と呼ばれる乳腺まわりにつく脂肪の量で
大きさが決まってくることを覚えておいてくださいね。