女性ホルモンが少ないから胸が小さいの?

女性ホルモンがないと嘆いている女性


バストの大きさに悩んでいる女性は、
ご自分でも色々とお調べになっていることと思います。

バストアップサプリやクリームなどを
調べたことがある方も多いのではないでしょうか。

それら商品の紹介文を読んでみると、女性ホルモンに似た成分であるイソフラボンや、
ミロエステロールなどの成分を多く含んでいると書かれていますね。

そういった商品説明などを読んでいて、「もしかして私の胸が小さいのは、
女性ホルモンが少ないからなのかしら…」と悩んでいる方はいないでしょうか?

それでは、バストの大きさと女性ホルモンの関係についてお話しましょう。



女性ホルモンには美容と健康に作用するエストロゲンと、
妊娠・出産に大きく関連があるプロゲステロンがあります。

保健体育の授業で、卵胞ホルモンや黄体ホルモンと言った
単語を習った記憶はないでしょうか?

その卵胞ホルモンがエストロゲン、
黄体ホルモンの代表格がプロゲステロンです。

この二つのうち、特にエストロゲンは女性らしい体つきへの影響が大きいため、
女性ホルモンと言うとこのエストロゲンを指していることが多いです。

さて、このエストロゲンが少ないとどうなるのでしょうか?



エストロゲンには、排卵を誘発する作用があります。

ですから、エストロゲンの分泌量が少ないと排卵が起こらず、
無排卵月経によって妊娠することができない、ということになります。

また、エストロゲンは肌や髪の毛の健康にも影響しますから、
閉経してエストロゲンの分泌量が減ってしまうと、肌や髪のツヤが失われがちになるのです。

しかし、エストロゲンばかりが多く分泌されると、子宮筋腫や乳腺症、
子宮内膜症や乳がんなど、婦人科系の病気が悪化しやすくなると言われています。

女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンのバランスがとれて初めて、
身体に良い効果をもたらすのです。



それでは、胸の大きさと女性ホルモンの分泌量が無関係かと言うと、そうとも言えません。

生理不順を起こすほど女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が少なければ、
乳腺の発達にも影響が出ているはずです。

ただし、日本人のバストは乳腺脂肪体と呼ばれる乳腺まわりにつく脂肪の量で
大きさが決まってくることを覚えておいてくださいね。

胸が小さいことは恋愛に不利なのか?

恋愛する二人


バストの大きさに悩んでいる女性の中には、
「バストが小さいから恋愛には不利…」と思い込んでいる人も多いようです。

結論から言いますと、「不利かもしれないし、
全く影響がないかもしれない」というのが実情です。

「男性はバストの大きな女性が好き」というイメージが強いですが、
実際のところはどうなのでしょう?



バストの大きな女性が好きな男性ももちろんいますが、
小さなバストの方が好きな男性もいます。

全体的にバランスのとれたバストであればよし、という男性もいます。
中には、バストの大きさよりも、女性の身体の別の部位に注目するという男性もいます。

ですから、一概に「バストの大きさが恋愛を左右する」とは言えないのです。
ただ、意中の男性がバストの大きな女性を好むというのであれば、話は別です。



恋愛において最も大切な要素は第一印象です。

大きなバストの好きな男性に対して、バストが小さいということは、
その第一印象のアピールができない、ということになります。

女性でも同じことが言えると思いますが、
自分の好みに合致する異性のことは、第一印象からはっきりと覚えているものです。

出会いの場は、大抵の場合、自分と相手以外にもたくさんの人がいます。

職場の飲み会だったり、合コンだったり、様々な場面で、
自分よりもバストの大きな女性がその場にいることがあるでしょう。

そうすれば、大きなバストの女性が好みの男性の視線や注目は、
当然のようにバストの大きな女性に集まります。



「もし私のバストが小さくなければ…!」という思いを
したことがある人も少なくないかもしれませんね。

しかし、最初に言ったように、
恋愛においてバストの大きさが全く影響しない可能性もあります。

いくら意中の男性がバストの大きな女性が好みだったとしても、
実際にお付き合いをする上で大切なのは、性格や趣味、食事などの相性だったりするものです。

第一印象や距離を縮めるきっかけとしては強みになるかもしれませんが、
恋愛はバストの大きさだけで決まるわけではありません。

バストの大きさを言い訳にせず、気になる異性には積極的にアタックしてみましょう。


胸が小さいのは家族の遺伝と関係するの?

小さな女の子


胸の大きさを気にしている女性は少なくありません。
成長過程にある10代の女の子たちも、胸の大きさに一喜一憂したりします。

中には、お姉さんやお母さんがあまり胸が大きくならないから、
自分も胸が大きくならないんじゃないか、と考え、気分が落ち込む人もいるようです。

さてそれでは、胸が小さい・大きい、というのは遺伝なのでしょうか?

胸が大きい人は、その人の家族の女性たちも
みんな胸が大きいような気がしてしまいます。

しかし実際のところはそんなことはありません。

家族の中でも、お母さんは胸が大きい方だけれど、娘さんは二人とも胸は大きい方ではない、
とか、逆に姉妹の中で一人だけ胸が大きい人がいる、という場合もあります。

これらのことからもわかるように、胸が小さいのは遺伝ではないのです。



思春期に入って胸がふくらむのは、女性ホルモンが分泌されるからです。

女性ホルモンの中でも代表的なのはエストロゲン(卵胞ホルモン)と
プロゲステロン(黄体ホルモン)です。

どちらも、月経の周期などについて学習したり、
調べたりした時に聞いたことがあると思います。

これらはもちろん胸の発育にも関係するホルモンです。
まず、エストロゲンの働きによって、乳腺や乳管が発達します。

その後、プロゲステロンの働きによって、
母乳を蓄えておくための器官が発達し、胸が大きくなっていくのです。



女性の胸の9割は、母乳を作ったり蓄えたりするために必要な組織を
守るためにつく脂肪でできています。

残りの1割が、先ほどお話した乳腺や乳管などの組織なのです。

ですから、もしも胸の大きさを左右する遺伝的要素があるとすれば、
それは胸の基底部である胸骨や胸筋の発達に関して、ではないでしょうか。

ただし、胸の大きさに占める胸骨や胸筋の割合は微々たるものです。

食生活や生活習慣による、成長ホルモンの分泌量や充分な栄養、
そして姿勢などの後天的な要因がほとんどだと考えられています。

家族の胸が小さいから、と諦めず、バストアップに励みましょう。