水着を着て少しでも胸を大きく見せる方法

水着を着ている女性


夏が近付いてくると、可愛い水着を着たいけれど、
小さなバストが気になって憂鬱な気分になってしまう…という小胸さんは多いのではないでしょうか。

水着で綺麗な谷間のある女性は、同じ女性から見ても憧れますよね。

また、普段は下着などでうまく谷間メイクをしている、
という人にとっても、水着で胸を大きく見せることは命題でもあります。



水着で胸を大きく見せる方法には、大きく分けて二種類の方法があります。
まず、「盛る」「寄せて上げる」方法です。

最近では水着用のヌーブラも販売されていますから、
それを使って綺麗な谷間を演出することができます。

水着に複数枚のパッドを重ねて縫い付けるという方法もあります。
面白い方法としては、医療用テープで左右のカップを寄せて上げるというものもあります。

ポイントは、乳首より下辺りにテープを貼ることと、
はみ出して見えるテープはつまんで細いくし、水着の中に隠すことだそうです。



もう一つの方法は、「見せ方を工夫する」ことです。

谷間の辺りにゴツめのアクセサリーをつけることで、
相対的にバストサイズを大きく見せることができます。

他には、谷間にノーズシャドウで陰影をつけて立体的に見せたり、
日焼けどめやモイスチャライザーを谷間に塗ることで
バストラインのハイライトを作るという方法もあります。

これらの方法にも増して重要なのは、水着の選び方ですよね。



まず、水着はフルカップよりは3/4カットのものを選びましょう。

ワイヤー入りの水着だと隙間ができてしまうという人は、
思い切って三角ビキニにするのも手です。

そして、ホルターネックタイプで谷間部分にフリルが付いているものを選ぶと
ボリュームアップして見せることができます。

谷間を強調する方法が不安だと言う人は、
胸元を隠すフリンジタイプやフレアータイプなどの水着を選ぶといいでしょう。

その上で、ここまでで紹介した方法を組み合わせて、
胸を張って水着ルックを楽しめるよう工夫してくださいね。