バストを育てる!?おっぱい体操って何?

おっぱい体操をする女性


バストを美しく、かつ育てるためには「おっぱい体操」が欠かせません。
おっぱい体操とはなんでしょうか?

初めて聞く人からすると、ラジオ体操や柔軟体操のように
おっぱいを動かすなんて無理じゃないか、というイメージがあるようです。

確かに、手足は自分で動かすことができますが、
バストには筋肉がありませんから、動かすことができませんね。



女性のバストは、主にリンパ腺と乳腺、そして脂肪からできています。
そして日頃、ブラジャーや衣服に締め付けられている時間が多いものです。

そうなると、自分で動かすことができる手足や背中などと比べ、
循環が悪くなってしまいがちです。

循環が滞ると「おっぱいが冷たく硬くなっていく」と言われています。

また、バストを支える胸の筋肉が運動不足状態になってしまい、
十分に発達していないと、バストをベストな高さで支えることができなります。

すると、垂れてしまったり、形が悪くなったりハリがなくなったりしてしまいます。

ですから、おっぱい体操のキモとなるのは、
「バストを構成するリンパ腺の循環をよくする」ことがあります。

そして、もう一つ、「バストを支える大胸筋を萎縮させない」ことにあります。
この二つを満たすためには、ストレッチとバストマッサージが必要です。



ストレッチは、胸筋とつながっている腕、脇腹、背中、肩、
そして胸自体をしっかりと伸ばしましょう。

特にデスクワークの多い人は、胸周り・肩周り・首周りの筋肉が
凝り固まってしまっていることがあります。

この状態が続くと、姿勢を維持するための筋肉も萎縮したり衰えてしまったりして、
姿勢自体が悪くなってしまいます。

姿勢が悪くなると、それだけバストの形も悪くなってしまいますから注意が必要です。


ストレッチで上半身をきちんとほぐしたら、
今度は実際におっぱいを揺らしましょう。

揺らす時は心臓に近い左のバストから。
鎖骨の中心へ向かって、斜め上に弾ませるように揺らします。

1秒間に2~3回のペースで25~30回繰り返しましょう。

右のバストも同様に揺らしたら、最後に両手で脇から中央に寄せるように持ち上げ、
上へ軽く揺らしましょう。