小さい胸を大きくする方法は何があるの?

胸を大きくしようとしている女性


小さな胸に悩まされている人にとって、「胸を大きくする方法」があるのなら、
のどから手が出るほど知りたいことではないでしょうか。

胸は、赤ちゃんに母乳を与えるために発達するものです。

その成り立ちは、女性ホルモンの分泌によって乳腺が発達し、
その周りに脂肪がつくことで胸が大きくなります。

それでは、女性ホルモンを分泌させるためにはどうすればいいのでしょうか。



思春期、成長期の女性であれば、成長に必要な栄養をしっかりとることで、
過不足なく女性ホルモンが分泌されます。

それによって、初潮後しばらく不安定になりがちな月経周期も安定するでしょう。

この時期は、突然女性らしくなっていく自身の体に戸惑い、過度なダイエットをする人もいますが、
それは健康に悪いだけでなく、胸の発達にとってもよくありません。

胸の大きさを決めるのは、乳腺脂肪体と呼ばれる乳腺の周りにつく脂肪の量です。
胸を大きくしたいのなら、きちんと食事をとり、脂肪をつけることが大切なのです。



もちろん胸以外についてしまうといけませんから、
適度な運動も欠かさないようにしましょう。

成長期が終わった後も、女性ホルモンの分泌を促す食事や
サプリメント等の摂取を心がけることで、乳腺脂肪体を増やすことができます。

よく言われているのが、生のキャベツを1日ひと玉食べることですが、
これも生のキャベツに女性ホルモンとほぼ同じ構造の成分が含まれているからです。

さらに、1日にひと玉という量のキャベツを摂取することで、
大量の食物繊維を摂取することになり、便秘知らずでお腹周りもスッキリします。

相対的に胸が強調されるということですね。



女性ホルモンの分泌量は、加齢とともに少なくなっていきます。

意識的に女性ホルモンが活性化された状態を作ることにより、
更年期障害なども防ぐことができます。

大豆イソフラボンを含んだ食材を摂取することで、
女性ホルモンの活性化を促すことができるとも言われていますね。

また、最近では、有効成分の含まれたバストアップクリームなども販売されています。
気になる人は成分も含め、色々と調べてみてはいかがでしょうか。