バストアップクリームの特徴と効果について

バストアップクリーム


最近では、様々なバストアップクリームが販売されていますね。

バストアップクリームには、バストアップに有効とされている「プエラリア」や、
最近注目されている「ボルフィリン」などの成分が豊富に配合されています。

プエラリアには、女性ホルモンと似た作用を持つ植物性エストロゲン・イソフラボンが、
大豆のほぼ40倍含まれています。

また、ボルフィリンには、塗った箇所の脂肪を増殖させる働きがあるそうです。

バストアップには、女性ホルモンの働きによって乳腺を刺激し、
その保護のために乳腺の周りにつく乳腺脂肪体を増殖させることが一番の近道です。

プエラリアやボルフィリンの含まれるバストアップクリームの人気が高いのは
こういった理由からだったのですね。



また、バストアップクリームには、これらの有効成分以外にも肌のキメを整える美肌成分や、
ハリをもたらす成分、商品によっては、フェロモンを配合したものもあります。

使っていて、女性がリラックスできるようにと、
香りにこだわっている商品もあります。

基本的に、バストアップクリームは塗る時に
バストアップマッサージを一緒に行うとより効果が高くなります。

ですから、1日に一回、または朝晩二回、気持ちよくバストアップクリームを用い、
バストアップマッサージをしてもらうために、テクスチャや香りにこだわっているのですね。

中には、目に入るところに置きたくなるようなパッケージデザインにすることで、
忘れることなく手にとって使えるようにと考えられた商品もあります。

以上のような特徴のあるバストアップクリームですが、
その効果はどれほどのものでしょうか?



当然ですが、効果には個人差があり、
一概に言及することは容易ではありません。

しかし、限定生産の商品がすぐに完売になってしまったり、
売上を伸ばし続けていること、リピーターの数などからその効果を推し量ることができます。

また、それぞれの商品についての口コミなども見ていると、
「もう手放せない」「今まで悩んでいたのが嘘のよう」という声が多数あります。

参考にしてみたいところですね。