小さい胸をバストアップサプリで解消できるのか?

バストアップサプリ


小さいバストを気にして、どうにか大きくできないかと
考えている人は少なくないと思います。

食べ物を工夫してみたり、バストに効くという体操をしてみたり。

インターネットで調べてみると、バストアップクリームや
バストアップサプリなども数多く販売されていますよね。

バストアップクリームは、塗るとその箇所に効く成分が作用しそうな感じがしますが、
バストアップサプリとは一体どのようなものなのでしょうか。



多くのバストアップサプリには、プエラリアという成分が含まれています。

これはマメ科の植物で、女性ホルモンに似た作用を持つ
植物性エストロゲン・イソフラボンが含まれています。

その量は大豆のほぼ40倍!
そして、エストロゲンには、女性の身体をより女性らしくする作用があります。

もちろん、バストアップにも効果が期待できます。



その他にも、バストアップサプリには、プラセンタやヒアルロン酸、
コラーゲン、ビタミンなど、数多くの美容成分が配合されていることが多いです。

胸だけでなく、体全体の美をサポートするサプリメントなのですね。

また最近では、バストが大きくなるのを阻害する要因として、
睡眠不足、代謝の低下、ストレス、成長ホルモンの不足などが挙げられています。

他にも、女性ホルモンが不足し、生活スタイルによって
男性ホルモンが増加してしまっている人も増えてきたといいます。

それらの要因をクリアーにして体質を改善することで、
バストアップサプリの効果を高めることができるそうです。



現に、質の良い睡眠をもたらし、成長ホルモンを充分に分泌させ、
バストの血流をアップさせてきちんと成分を補給する、
という点に着目したバストアップサプリも販売されています。

女性ホルモや成長ホルモンの分泌を促す成分や、新陳代謝を促進する成分、
ストレスを緩和する成分など、様々な有効成分を含んだものですから、効果が期待できますね!

何もせずに小さいバストでいるより、少しでも可能性のある方法を試したい、
という方は、一度試してみる価値があると思いますよ!

プエラリアサプリは以下のサイトでも詳しく紹介されています。
参考サイト:料金の安いプエラリアサプリランキング

バストアップクリームの特徴と効果について

バストアップクリーム


最近では、様々なバストアップクリームが販売されていますね。

バストアップクリームには、バストアップに有効とされている「プエラリア」や、
最近注目されている「ボルフィリン」などの成分が豊富に配合されています。

プエラリアには、女性ホルモンと似た作用を持つ植物性エストロゲン・イソフラボンが、
大豆のほぼ40倍含まれています。

また、ボルフィリンには、塗った箇所の脂肪を増殖させる働きがあるそうです。

バストアップには、女性ホルモンの働きによって乳腺を刺激し、
その保護のために乳腺の周りにつく乳腺脂肪体を増殖させることが一番の近道です。

プエラリアやボルフィリンの含まれるバストアップクリームの人気が高いのは
こういった理由からだったのですね。



また、バストアップクリームには、これらの有効成分以外にも肌のキメを整える美肌成分や、
ハリをもたらす成分、商品によっては、フェロモンを配合したものもあります。

使っていて、女性がリラックスできるようにと、
香りにこだわっている商品もあります。

基本的に、バストアップクリームは塗る時に
バストアップマッサージを一緒に行うとより効果が高くなります。

ですから、1日に一回、または朝晩二回、気持ちよくバストアップクリームを用い、
バストアップマッサージをしてもらうために、テクスチャや香りにこだわっているのですね。

中には、目に入るところに置きたくなるようなパッケージデザインにすることで、
忘れることなく手にとって使えるようにと考えられた商品もあります。

以上のような特徴のあるバストアップクリームですが、
その効果はどれほどのものでしょうか?



当然ですが、効果には個人差があり、
一概に言及することは容易ではありません。

しかし、限定生産の商品がすぐに完売になってしまったり、
売上を伸ばし続けていること、リピーターの数などからその効果を推し量ることができます。

また、それぞれの商品についての口コミなども見ていると、
「もう手放せない」「今まで悩んでいたのが嘘のよう」という声が多数あります。

参考にしてみたいところですね。


豆乳を飲むと胸が大きくなるといわれているワケ

豆乳を飲む女性


「バストを大きくしたければ、イソフラボンがたくさん摂れる豆乳を飲むといい」
という話を聞いたことがありませんか?

どうして牛乳ではなく豆乳なのでしょう?
イソフラボンがバストを育てるのに効くと言われるのは何故なのでしょう?



大豆イソフラボンは、エストロゲンと呼ばれる
女性ホルモンに似た作用を持っています。

エストロゲンは排卵を誘発する働きを持っています。

他にも、肌や髪の毛の健康状態にも影響しますし、
骨密度など、女性の美容と健康の両側面に働きかける重要なホルモンです。

もちろん、バストを大きくふっくらと育てるのにも必要なのが
エストロゲンという女性ホルモンなのです。



バストが成長する時にエストロゲンが必要量分泌されなければ、
それだけバストの成長に影響があるだろうことは想像に難くないですよね。

そのため、特に成長期などでホルモンバランスが安定しない時期などに、
女性ホルモンの分泌を助ける意味で豆乳を飲むことがあります。

また、思春期を終えた女性でも、社会生活の中でストレスなどにより
ホルモンバランスが乱れることがあります。

職業によっては、美容と健康のために推奨される
「夜10時までに就寝する」ということが不可能な場合もあります。

そういった環境にある場合、生理不順や無排卵月経など、
エストロゲンの分泌が少なくなることにより起こる症状が見られることがあります。



このような状態を改善するために、補助食品として
大豆イソフラボンを多く含む豆乳を飲むことがあるのです。

また、個人差はありますが、エストロゲンの作用に「胸のハリ」が挙げられます。
これは、エストロゲンが排卵を誘発する際に、乳房にも働きかけるからです。

生理前に胸が大きくなったように感じることがありますよね。
その現象を、大豆イソフラボンを摂取することでキープすることができるのです。

ただ、エストロゲンは過剰分泌されると
婦人科系の病気につながるリスクが心配されています。

1日の適正摂取量は、特定保険証食品としての上限値が30mgとされています。
これを目安にして、上手に活用したいですね。


小さい胸を大きくする方法は何があるの?

胸を大きくしようとしている女性


小さな胸に悩まされている人にとって、「胸を大きくする方法」があるのなら、
のどから手が出るほど知りたいことではないでしょうか。

胸は、赤ちゃんに母乳を与えるために発達するものです。

その成り立ちは、女性ホルモンの分泌によって乳腺が発達し、
その周りに脂肪がつくことで胸が大きくなります。

それでは、女性ホルモンを分泌させるためにはどうすればいいのでしょうか。



思春期、成長期の女性であれば、成長に必要な栄養をしっかりとることで、
過不足なく女性ホルモンが分泌されます。

それによって、初潮後しばらく不安定になりがちな月経周期も安定するでしょう。

この時期は、突然女性らしくなっていく自身の体に戸惑い、過度なダイエットをする人もいますが、
それは健康に悪いだけでなく、胸の発達にとってもよくありません。

胸の大きさを決めるのは、乳腺脂肪体と呼ばれる乳腺の周りにつく脂肪の量です。
胸を大きくしたいのなら、きちんと食事をとり、脂肪をつけることが大切なのです。



もちろん胸以外についてしまうといけませんから、
適度な運動も欠かさないようにしましょう。

成長期が終わった後も、女性ホルモンの分泌を促す食事や
サプリメント等の摂取を心がけることで、乳腺脂肪体を増やすことができます。

よく言われているのが、生のキャベツを1日ひと玉食べることですが、
これも生のキャベツに女性ホルモンとほぼ同じ構造の成分が含まれているからです。

さらに、1日にひと玉という量のキャベツを摂取することで、
大量の食物繊維を摂取することになり、便秘知らずでお腹周りもスッキリします。

相対的に胸が強調されるということですね。



女性ホルモンの分泌量は、加齢とともに少なくなっていきます。

意識的に女性ホルモンが活性化された状態を作ることにより、
更年期障害なども防ぐことができます。

大豆イソフラボンを含んだ食材を摂取することで、
女性ホルモンの活性化を促すことができるとも言われていますね。

また、最近では、有効成分の含まれたバストアップクリームなども販売されています。
気になる人は成分も含め、色々と調べてみてはいかがでしょうか。


バストを育てる!?おっぱい体操って何?

おっぱい体操をする女性


バストを美しく、かつ育てるためには「おっぱい体操」が欠かせません。
おっぱい体操とはなんでしょうか?

初めて聞く人からすると、ラジオ体操や柔軟体操のように
おっぱいを動かすなんて無理じゃないか、というイメージがあるようです。

確かに、手足は自分で動かすことができますが、
バストには筋肉がありませんから、動かすことができませんね。



女性のバストは、主にリンパ腺と乳腺、そして脂肪からできています。
そして日頃、ブラジャーや衣服に締め付けられている時間が多いものです。

そうなると、自分で動かすことができる手足や背中などと比べ、
循環が悪くなってしまいがちです。

循環が滞ると「おっぱいが冷たく硬くなっていく」と言われています。

また、バストを支える胸の筋肉が運動不足状態になってしまい、
十分に発達していないと、バストをベストな高さで支えることができなります。

すると、垂れてしまったり、形が悪くなったりハリがなくなったりしてしまいます。

ですから、おっぱい体操のキモとなるのは、
「バストを構成するリンパ腺の循環をよくする」ことがあります。

そして、もう一つ、「バストを支える大胸筋を萎縮させない」ことにあります。
この二つを満たすためには、ストレッチとバストマッサージが必要です。



ストレッチは、胸筋とつながっている腕、脇腹、背中、肩、
そして胸自体をしっかりと伸ばしましょう。

特にデスクワークの多い人は、胸周り・肩周り・首周りの筋肉が
凝り固まってしまっていることがあります。

この状態が続くと、姿勢を維持するための筋肉も萎縮したり衰えてしまったりして、
姿勢自体が悪くなってしまいます。

姿勢が悪くなると、それだけバストの形も悪くなってしまいますから注意が必要です。


ストレッチで上半身をきちんとほぐしたら、
今度は実際におっぱいを揺らしましょう。

揺らす時は心臓に近い左のバストから。
鎖骨の中心へ向かって、斜め上に弾ませるように揺らします。

1秒間に2~3回のペースで25~30回繰り返しましょう。

右のバストも同様に揺らしたら、最後に両手で脇から中央に寄せるように持ち上げ、
上へ軽く揺らしましょう。